根っこ

歯医者で行うインプラントって、白い差し歯のことだと思ってました。

でも違うんです。いきなりですけど、差し歯っていうのは歯が欠けた状態のところに差し込む治療法のこと。欠けてるところに差し込むから「差し歯」なんですね。
だから、根っこから抜けてしまっている時は、もちろん差し込むことはできません。

これに対してインプラントっていうのは、根っこから抜けてしまった場合でも治療することが可能です。
歯ぐきの根っこが生えてる部分の骨に人工の根っこを埋め込んで、その上から人工歯をくっつける方法です。
だから、見た目にも自然で自分の歯のように生活することができます。

歯医者でインプラントの治療を行う人は、高齢者の方だけではありません。
20歳から行える治療なので若い女性の患者さんでもこの方法を行う人が増えてきており、見た目的にもいかに自然であるかがわかるような気がしますね。
もちろん高齢者の方には引き続き人気となっており、今は加齢で抜けただけでなくスポーツや事故などで失ってしまった歯を、インプラントで治療する人が増えてきているようです。

たいていの歯医者で行うことができますが、インプラントは比較的新しい治療法となっています。
ですのでインプラントの治療経験が豊富な歯医者を選んで行くようにすると、患者さんとしてもなお安心できるのではないでしょうか。
お手入れの方法も普段通りとほとんど変わりませんので、後は定期的にメンテナンスをすれば長持ちさせたいと思う人にはオススメできるものとなってます。